NHK大河ドラマ 光る君へ 20話 望みの先に 感想

NHK大河ドラマ 光る君へ 20話 望みの先に の感想です。

ネタバレを含みます。





いやあ、過去一面白かったです。

色々と急展開、オカルトあり、コントありで、
驚きと笑いの45分間でした。



呪詛ねえ……
実際に起こったことなのかなあ。

まあ、平安時代だからね。



まひろと清少納言が下人に変装して屋敷に忍び込むシーンは笑った。

両手に気の枝ってw

コントかよ。

ふざけた演出にも程があるだろうw


次回予告で、ついにあの一文が……

この記事へのコメント